2010年06月24日

夏のお手入れ“ポイント”

蒸し暑い日が続きますが、 8360452.jpg
いかがお過ごしですか?

今回は夏のお手入れのポイントを
ご紹介いたします。

是非参考になさって下さい!

人気ブログランキングに参加中です! クリックお願いします!
人気ブログランキング 

ぴかぴか(新しい)メイクのポイントぴかぴか(新しい)

顔にほてりがあると、水おしろいは肌に馴染みにくくなります。
冷やしたソフトローションをたっぷりパッティングして
お肌を落ち着かせましょう!
softlotion.jpg
紫外線対策にはO2+マリンジェル(少々)+ソフトローションorエステローション
またはO2+ソフトローションorエステローション

これを手のひらで馴染ませ、塗布します。
O2がお肌に馴染み手で触れてべたつきがなくなるまで時間をおきます。

(O2は皮脂を抑える効果があります。乾燥肌タイプの方は
お肌の状態を見ながら加減して下さい)

ファンデ2本.bmp
ベースのコントロールカラーはやさしくリフトアップするように
のばしてつけて下さい
仕上げのファンデーションはパッティングで細かくのせていきます

紫外線を浴びやすい頬・鼻・はさらに2、3度の重ね塗りをします。

水おしろいはお肌への負担をかけることなく
自然に仕上がる特徴がありますから、
重ねぬりでしっかり紫外線&乾燥対策をしましょう。

夏は汗や皮脂によるお化粧崩れをしやすくなります。
メイクをした際に使用したスポンジで押えるようにすることで
お化粧直しができます。

特に汗をかきやすい方はファンデーションのネロリ水部分を抜き
濃度を濃くしたものを使用するとメイクが崩れにくくなります。

また、水抜きしたものを別容器に作っておきますと、
コンシーラーとしても使用できます。


アイメイク(キララパレット)は、目の周辺の紫外線防止のひとつです。 


 


ぴかぴか(新しい)日焼け後のポイントぴかぴか(新しい)

キメが崩れると水おしろいはのりにくくなります。
キメを壊さないような洗顔を心がけましょう!

クレーソープは控えめにして、基本はオイルクレンジングにします。

オイルクレンジングが重いと感じる方は
ベーシックオイルにベーシックジェルを混ぜてクレンジングすることで
さっぱり感がでます。

ベーシックオイル2.jpgジェルボトル4.jpg

日焼け後はローションパックでほてりを沈めます。
(エステローション+水精油カミツレ)


赤みが引いたらシミ防止にD1+マリンジェルのパック
おすすめです。

シミケアーは代謝が活発な夏ほど効果があります。
この時季こそシミにD1を塗布しましょう。

D1.jpg

ベリテ化粧品のスキンケアの考え方はとてもシンプルです。
基本をもう一度見直して、
本来お肌が持っている機能を引き出しましょう


posted by Herbleap at 11:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ベリテ化粧品のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック