2017年02月11日

体が冷えていませんか。

春は名のみ。  どころか、大雪の知らせが                                         株の器.JPG                                    
西日本、中部、東北から聞こえてきます。
ドカ雪のようです
来週から気温も緩んでくるという知らせに、
ホッとしています。

先週、お昼に温野菜を中心にスープそして鮭の                  茶碗.JPG            
ご飯を頂きましたけれど、
食後に好物のコーヒーで
締めくくったところ、
その食事が持たれて、
いつまでたっても
お腹がすかず、
どうしたことかと思いましたら、
食後のコーヒーで胃を冷やして
しまったようです。
コーヒーは陰の性質を持って
いたのでした。

少し、疲れていたので、気を付けるべきだったのに。
座った場所も、少し寒さを感じるところだったのも
いけなかったのでしょう。

続きを読む
posted by Herbleap at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | アロマライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

必見、インフルエンザ対策

いよいよ、インフルエンザの猛威が聞こえるようになりました。            
友人が言うには、ワクチンを打った人からかかるのよ。                          2インフルエンザ.jpg
貴方はワクチンを打ったの?
私は打たない。でもインフルエンザに罹ったことがないの。

どうしたらインフルエンザにかからないで済むでしょうね。
一番良いのは、インフルエンザに軽くかかって、
自分で自分のワクチンを作ることです。
軽くかかるといっても、それは難しいです。
1、暖かくして休む
2、空腹にする(大食い、食べ過ぎる人は要注意)
3、適切な自然療法  が一番。

インフルエンザウィルスは私達の身体の耐寒能力が低下すると
インフルエンザの病原体が増殖をはじめ発症すると言われています。

とにかく、予防にこしたことはないのですが、
1、空気を浄化する。空気中のウィルスの活性を食い止める
2、喉のリンパ粘膜の細胞を元気づける。
3、免疫力の修復をして重症にならないようにする。

続きを読む
posted by Herbleap at 19:08| Comment(0) | TrackBack(0) | ベリテ化粧品のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月26日

イタリアの修道院にあるもの

素敵な情報が入ってきました。

イタリアトスカーナ地方のカマルドリ(お許しください、やや地理が不案内です。)にある修道院から素敵なアロマと石鹸と、オリーブオイルと蜂蜜が入ってくるようです。

何百年という歴史の中で、修道院で純粋に歴史を守って  
作られてきたという珍しい品の数々です。
                                                          カマルドリ.JPG
すでに有名なサンタマリアノベラは
修道院のものではなくその権利を買われた
会社が作っているとのこと。

こちらは純粋に修道院で、昔のままの
レシピそのままで作られている、と、
秘密っぽい曰くがありそうな雰囲気です。

修道院ではそんな事業的なことは
禁止されていましたから、確かに珍しいですね。

山の上の修道院とは、物語がたくさんかもしれません。

詳しいことはまだ、わかりませんが
満を持していろいろ入ってくるような。
オリーブオイルもかなり、質が良いとご自慢でした。
私が飛びつく一番はオリーブオイルと蜂蜜かもしれません。

不届きですね。
でもやはり、イタリアのものには弱いですよね。楽しみ。

posted by Herbleap at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ベリテ化粧品のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

インフルエンザ対策 清解香

いよいよ、インフルエンザが広がってきているようです。

今年は、香港Aというウィルスだと聞きました。
先日、ワクチンを打った家族が全滅したそうです。
せっかく、ワクチンを打ったのですから、                            アロマストリーム.jpg
効いてあげるといいのに、と内心思う私です。

ハーブリープでは皆様に、清解香のお薦めです。
この漢方オイルはなかなかのお薦めで、
かなり、いい感じなんですよ。

お部屋にたいたり、
ダウンしている人のマスクに落としたり、
足の裏に清解香入りのオイルをぬったり、
お部屋にたくというのは、
部屋のなかに清解香をゆらゆらさせます。
空気の消毒のような感じです。




続きを読む
posted by Herbleap at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ベリテ化粧品のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

パラペンフリー

化粧品に使われる防腐剤のパラペンは嫌われ者のようです。

でも、パラペンが体の中に入るから、害があるので、                                       m0004-01.jpg                                                              
体内に入れさえしなければ、
なんの問題もないのですが、

頭ごなしに嫌う方はいらっしゃるので、
ベリテの化粧品にとっては
とてもそれがネックになっていました。

もちろん、ベリテで使われるパラペンは
決して体内に入らないように、そこは、
頑固に、自然派の名前が泣かないように                                 ソフトローション.jpg
、私達の肌や健康が損なわれないように、
ち密な計算によって、使われてきています。

肌の弱酸性で、パラペンが無毒化されるのです。
肌の上にのったら、あら不思議! 無毒化です。

其れに界面活性剤を使用していませんので
肌や体の中に入るわけもなく、そうなれば一番
安全性が高いということで、
致し方なく、微量に、微量に使って、
ほかのハーブの抗酸化も利用しているのです。                   androidapp/33961208161653201905964438.png

ですから、
頭ごなしにパラペンは悪者だということはなく、
パラペンの微量使用は
他の防腐剤、保存料よりずっと、
安全に設計されています。
商品の防腐を考えて保管上
使わざるを得ないのですが、

それでも更なる進化を求めて、

ローションのパラペンフリーが実現しようとしています。



posted by Herbleap at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ベリテ化粧品のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする