2017年07月30日

香りボール

久しぶりに中身を補充、この香りが大好き、                                   焼き物ボール全体.JPG                        
どちらかというと、                      
見た感じも、香の重さからいっても
秋から冬をイメージしてるようですが、

季節に関係なく、この香りが大好き。
見た目はグロテスクの香りの出どころ。

没薬、乳香、動物系のものが入っていて、
オークモスも入っているような香りです。              

でも香りはとても優しく甘く、
大人の香りのイメージで、
今は、東京のデパートで見ることがありますが、
30年前にニューヨークの
郊外で買いました。

フランス製の香りボールです。                       香りのボトル.JPG

いまだに信じられないのですが、焼き物、陶器だそうです。
手触り感も、見た目も、

木製で手掘りのイメージですけれど、陶器です。
確かあの時、とても贅沢品に思いましたけれど、

其れこそ清水の舞台から、という感じで
思いきって、買ってしまいました。


求めた、小さなお店のことも良く覚えています。
お店のどのあたりに飾られていたかも、覚えています。                    


下に穴が開いていて、香りを赤い紙にくるくると、
簡単に包んで、また、突っ込むだけの
簡単な作りですけれど。                                焼き物ボール中身.JPG

すごく素敵、陶器の冷たさなんて全くなく、                                           
木のぬくもりだけ感じます。

思い切って買ってよかったです。


あの頃から、香りのものは
ちょっと無理しても買い集めました。



posted by Herbleap at 14:44| Comment(0) | TrackBack(0) | ベリテ化粧品のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月23日

汗対策ハーブウォーター

汗対応のハーブウォーターを発売します。


電車の中で、市販の汗拭きを使って、                       ミント.jpg
いる人の傍には座れない。

合成香料のこれも酷い匂いで
かなりつらいです。
汗を拭いているんだということで
かなり、大胆に使っているので匂いがねぇ〜

どうして、そんなものを使っているのと、
聞きたくなります。

スメルハラスメントの横行ですが、
それが全部ご自分の体の中に入ることを
どうか、無視しないでくださいね。

このくらいいいじゃないかという、
お声が聞こえてきそうですが、
こんな危険なものであふれかえっている、

私達の身の回りです。

どこで、どうして自分を守れるのか、ですが、                             9796393.jpg
ちゃんとした怖さを知るしかないですね。

今日も危険なもので汗をぬぐって、
酷い匂いを巻き散らかして

心配になりますし、わたくしの鼻もつらいといってます。

続きを読む
posted by Herbleap at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ベリテ化粧品のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月17日

海の日の3連休

三連休に突入したとたんに、また、恐れていた、
私の意志に反した体の勝手な休養に
入ってしまって、二日も寝たきりでした。                                    
                                                         門前お茶.JPG
体に疲れがたまってくると、体の方で
私にブレーキをかけてしまうのです。
どうにもこうにも起き上がれなくて寝たきり、                          
不思議でしょう。

3日目になると、いつものように何事も
なかったかのごとく、ケロリ。
休養になってよかったね。
とは裏腹に、二日も損したとばかりに、
家を飛び出して、お盆なので
11時のゴマ炊きを目指して、近くの深川お不動様へと向かいました。

お不動様のゴマ焚きはなんだか、
お寺のパフォーマンスのように
大きな太鼓の乱れうち、
ゴマ焚きの炎のあでやかさ、
読経の迫力で
ちょっとした舞台を見る様なのです、
照明もなかなかこっているのですよ。

今日はお隣に座られた方の見事なお経にも
恵まれて、身も心もすっきりでした。
力がわいてきました。

続きを読む
posted by Herbleap at 17:32| Comment(0) | TrackBack(0) | ベリテ化粧品のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月09日

夏に気を抜けない事

先日、日本橋のコレド室町のカフェで友人とお茶をしていたら、浴衣を着た

素敵な女性を発見、

場所柄、それも、昼間なので、アレッ!と                                 浴衣1.JPG
思いましたけれど暑い夏こそ、
来ているものが目立つと感じます。

暑いから涼しければ何でもオッケーではなく
暑いから、きちんとしていると目立ちますし、
おしゃれな人を感じます。

もう一つ夏に気が抜けないのは、
お肌のお手入れです。

夏こそ、お肌の新陳代謝が盛んですから、
お手入れにはもってこいの季節。
汗をかいたからさっぱりと、
ザッと石鹸でバシャバシャ、頻繁に洗っていると
、角質を薄くしてしまいます。

そのうえ、紫外線防止とばかりに、
サンケアのクリームを頻繁に塗りますから、
石鹸洗顔の頻度と、サンケアクリームの頻度の
高さが相まって、秋のお肌に泣かないよう

今から要注意。
                                                             BO.jpg
夏のお肌のお手入れも気が抜けません。
なんでも、女性は気を抜いたらおしまい。                                       
                                                                  
バシャバシャ洗っても、
しっかりオイルマッサージでのお手入れで                                 

お肌の保護に努めましょう。
秋に笑うか、泣くかは、あなたがカギを握ってるわけです。


posted by Herbleap at 14:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ベリテ化粧品のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月24日

精進料理の心

友人が東京都小金井市にある三光院で精進料理を習い始めました。
一回目が終わって、うれしそうに私にレシピを見せてくれました。               三光院.JPG

5品ほどのお料理が書かれていました。

あまりにも少ない材料が不思議で
精進料理ですから動物系の
お出しは使うわけはないにしても
昆布のお出しも使っていなくて、
私の気持ちとしては、、ちょっとショックでした。

とってもおいしく感激をしたという
友人の言葉に塩とお砂糖で味を完成させていることに
驚きました。
いろいろと調味料を使うことに慣れている私には
大変な驚きです。


材料をもう一度見てみると

グリンピースの豆ごはんは、                                      精進料理.JPG
お米と、お塩と、グリンピースだけ
いんげんの胡麻和えは白ごまとお醤油
インドのウサギはお豆腐と、西京みそとお砂糖だけ
お釈迦様とウサギとの出会いをイメージして
作られたお料理です。
ほかに、煮梅
なすのおでん

とてもおいしいそうです。
このレシピを見ていたら、私達の心もそうあれと、教えてる
のではないかと感じませんか。
シンプルで余分なものはなく、それでいておいしい人、
ややこしい心がないのも大事です。
とてもきれいなきれいなレシピです
このお料理は、私達にもこうあれと教えるのかもしれません。

もちろん、素材も厳選しているのでしょう。
厳選した素材を使うと、材料だけでおいしくできるというのが究極のお料理なんでしょう。
材料を見極める目も大事。
気を抜かず心で作ってこそのお料理。
また、レシピが見たいです。
また、見せてねと、厚かましく。


posted by Herbleap at 20:19| Comment(0) | TrackBack(0) | ベリテ化粧品のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする