2018年12月20日

インフルエンザにハーブは欠かせません。

この冬、静かだなぁと思っていたら、インフルエンザが少し話題がニュースに取り上げられ始めました。
本当は大流行にならないことを願うばかりですが、一応対策は取っておきましょう。

ハーブの香りでインフルエンザ予防になるの、というのを聞くと
まさか、というキョトンに、   信じる人だけ救われますよね。

いい香りに囲まれて知らないうちに元気になるのが、ハーブという薬草の特徴ですし
物によっては電磁波カットにもつながる話もちらりときいたことがあります。

植物の力、大いに見直してください。                             マスク.jpg

そして、また、
今年も、インフルエンザ対策として、

ハーブウォーターをご用意しています。

お部屋に何回かスプレーしていただいて、
空気をきれいにしませんか。

使用していますのは、水精油のユーカリをベースに
抗ウィルス効果と言われている精油のブレンドです。                   


大勢の人が集まる、場所には、当然ですね。
よどんだ空気をきれいにしましょう。

空気をきれいにすることは、基本ですね。
すがすがしい空気はごちそうです。                              インフルエンザ水精油.JPG

そんな空気と出会うとハーブ丸ごと深呼吸です。

本当は一年を通して、お部屋の空気、
人が集まる場所のクリーン剤として
ハーブをお使いいただくと、
風邪ひかずに元気でいます。

ハーブリープのスタッフ全員が風邪をひかないのは

いつもいつも、ほのかな香りに包まれているからでしょう。

posted by Herbleap at 18:43| Comment(0) | ベリテ化粧品のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月13日

香水とトイレットペパー

わたくしはもちろん、香水は苦手、

でも、今までにいろいろといただいた                                          トイレットペーパー.JPG
香水は捨てきれないで大事、

やっぱり、ボトルはステキ。
ほとんど、観賞用に眺めるだけにおきます。                                        
香水の色とボトルのがマッチしているのも素敵です。


トイレに飾るだけなんですが。


クリスマスも近づいて、

お客様がいらっしゃる機会が増える方にお伝えしたいのです。


トイレットペーパーの芯の厚紙にシュッと
香水を葺き吹きかけてみるのも楽しいです。

                                                             
しつこいのはダメ、気持ちが悪くなりますけれど、                           
トイレの芳香剤はもっと悲しい

なんだか、

合成だよ。トイレの匂いだよ。くさいよ。                                           香水いろいろ.JPG
なんです。
あの匂い、芳香剤がどんとおいてあるのって
上がった気持ちが一気に落ちると
思いませんか。


トイレに入るとおなじみの匂いではなく、
ちょっと、いいかなぁ〜、
許せるかなぁの香水をもしお持ちなら、
香りのトイレットペーパーに早変わりです。


たくさんはダメです。

何度もお願いです。たくさんはダメ、ほのかに、品よく、

posted by Herbleap at 19:17| Comment(0) | ベリテ化粧品のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月06日

古代と勾玉と香り

先日、江戸博物館で見た日本の古墳から発掘された勾玉の色々、

魂、霊、を象徴し玉に込められて祈りと                                       勾玉.JPG

書かれていましたけれど、神とのつながり、

そして、天皇への石の奉納など、

崇拝するものに勾玉という手段をつかって、

つながっていたことは。


そうなんだ 、としか、のなさけない、感想しか

、出ませんでした。


そうかぁ〜  なるほどね。

ふ〜〜ん 


実はわたくしも、糸魚川のヒスイの勾玉を持っているのです。
以前、持て、持て 持ったほうがよい、
と神ごとをされている方から言われて、

とはいってもなんといっても糸魚川のヒスイですから、                                       銀の空玉.JPG
お値段もよくて、躊躇するのは当然でしたが、
加えて、あまりよく意味も分からずも思い切りました。


大事なものですから、お参りに行ったとき、

特に、伊勢での正式参拝や、
ご祈祷を受けるときは
必ず、身に着けていきます。


それを返りみると、やはり、神様への崇敬、
それをしっかりと感じることなど、

詳しくはわからなくても、心でなんとなく受け止められる、
たとえ具体的に分らなくても、国の弥栄を願っていることが、
古代の人たちとも通じ合えることかもしれないと、

手前味噌で思います。


もっと、歴史に詳しいと、                                                       三本ビーズ.JPG
さらにいろいろな発見もできて
楽しいかもしれませね。

とはいっても、古代の催事にかかわる香り、と、
煙、に触れていることができているだけでも、
古代に少しだけにかかわっていることの
幸せを味わっていることは確かです。


皆様も、じーーと、煙の揺らぎを見るだけでも、

そう、お線香の揺らぎを見るだけでも

なんとなく、いい感じですよ。。





posted by Herbleap at 18:46| Comment(0) | ベリテ化粧品のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする