2018年12月28日

和紙とマッチに香りがついてます。

兵庫県の淡路島で和紙に香りをつけて、
こんなに素敵な香りがありました。
                                                              ゼラニュウムの葉.JPG

昨日のハーブリープの打ち上げでの
スタッフからのプレゼント。

ゼラニュウムの香りがする、

木の葉のモチーフとレモングラスの

香りがするマッチ、マッチは神戸のマッチ屋さんのもの。


合成の香りに押され気味とはいえ、

天然香料にこだわる香りの世界が広がっているのは

本当にうれしい、 うれしい。

天然の香りのやさしさが、ふわぁ〜〜と鼻先に。                                        マッチ.JPG


もっと主張しないと、わからない! と言いたいほど、
ほのか  ほのか が、素敵、


黒いマットの上に火のついた、一枚の葉や

 マッチを置いて香りを楽しめるのだそうです。


まだ使っていないので実感はないのですが、

もうちょっとそのままの香りを楽しんで見ていたいですね。
鼻先にふんわりです。


洗剤や柔軟剤の香りをよしとして、
匂わしている人には、わからないだろうなぁ
                                                                  香りの箱.JPG
合成の匂いをさせて、ご自分にも害があって、それに、
どんなにそれがつらいと感じている人がいるか、知ってほしい・

そして、自然にこだわってほしいでです。

ほのほの と 香るデリケートで、

心に染み入る香りがあるのですよ。
今年の仕事を終わりにまた、私の愚痴 本当に苦手なんです。


ほっとしたい、ゆっくりしたい、それこそ、癒されたい

そこの気持ちに入ってきてくれたゼラニュウムノ香りのお蔭で、
一年の終わりを前にして

心が トロリと緩んだようです。


今年も無事に終わった!!  すべて、お蔭さまです。


ありがとうございました。

posted by Herbleap at 18:34| Comment(0) | ベリテ化粧品のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月20日

インフルエンザにハーブは欠かせません。

この冬、静かだなぁと思っていたら、インフルエンザが少し話題がニュースに取り上げられ始めました。
本当は大流行にならないことを願うばかりですが、一応対策は取っておきましょう。

ハーブの香りでインフルエンザ予防になるの、というのを聞くと
まさか、というキョトンに、   信じる人だけ救われますよね。

いい香りに囲まれて知らないうちに元気になるのが、ハーブという薬草の特徴ですし
物によっては電磁波カットにもつながる話もちらりときいたことがあります。

植物の力、大いに見直してください。                             マスク.jpg

そして、また、
今年も、インフルエンザ対策として、

ハーブウォーターをご用意しています。

お部屋に何回かスプレーしていただいて、
空気をきれいにしませんか。

使用していますのは、水精油のユーカリをベースに
抗ウィルス効果と言われている精油のブレンドです。                   


大勢の人が集まる、場所には、当然ですね。
よどんだ空気をきれいにしましょう。

空気をきれいにすることは、基本ですね。
すがすがしい空気はごちそうです。                              インフルエンザ水精油.JPG

そんな空気と出会うとハーブ丸ごと深呼吸です。

本当は一年を通して、お部屋の空気、
人が集まる場所のクリーン剤として
ハーブをお使いいただくと、
風邪ひかずに元気でいます。

ハーブリープのスタッフ全員が風邪をひかないのは

いつもいつも、ほのかな香りに包まれているからでしょう。

posted by Herbleap at 18:43| Comment(0) | ベリテ化粧品のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月13日

香水とトイレットペパー

わたくしはもちろん、香水は苦手、

でも、今までにいろいろといただいた                                          トイレットペーパー.JPG
香水は捨てきれないで大事、

やっぱり、ボトルはステキ。
ほとんど、観賞用に眺めるだけにおきます。                                        
香水の色とボトルのがマッチしているのも素敵です。


トイレに飾るだけなんですが。


クリスマスも近づいて、

お客様がいらっしゃる機会が増える方にお伝えしたいのです。


トイレットペーパーの芯の厚紙にシュッと
香水を葺き吹きかけてみるのも楽しいです。

                                                             
しつこいのはダメ、気持ちが悪くなりますけれど、                           
トイレの芳香剤はもっと悲しい

なんだか、

合成だよ。トイレの匂いだよ。くさいよ。                                           香水いろいろ.JPG
なんです。
あの匂い、芳香剤がどんとおいてあるのって
上がった気持ちが一気に落ちると
思いませんか。


トイレに入るとおなじみの匂いではなく、
ちょっと、いいかなぁ〜、
許せるかなぁの香水をもしお持ちなら、
香りのトイレットペーパーに早変わりです。


たくさんはダメです。

何度もお願いです。たくさんはダメ、ほのかに、品よく、

posted by Herbleap at 19:17| Comment(0) | ベリテ化粧品のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする