2019年03月21日

春のお彼岸

今日は、春のお彼岸ですね。


この日は、わたくしにとって大事な仏様を全員、回向していただきます。
4人の両親だけではなく、とてもお世話になった人、守っていただいた人

もちろん、親族ですけれど、まぁ。なんと回向したい身内の多いこと
ちょっと、恥ずかしい気もしますが、そうすることに満足している私です。


お彼岸の法要では、回向をしてほしい人を全員受けてくださるので、
欲張ります。

今年も春いちばん、気持ちがすっきりしました。

また、秋のお彼岸には、気になる身内全員です。

義理の両親にはおはぎを。
実家の母はなんといっても大福もち、父はおはぎ、
好物を並べます。                             おはぎ.jpg


すっかり私が頼りたい
人がいなくなってしまいました。

お坊様方の読経のお陰様で、
仏様と仲良くしていることと安心します。

わからないことを教えてもらえる人がいない
これが一番つらいですね。


さみしくもあり、頑張って生きていることを報告する大切な日です。
後は、しっかりと私を守ること!これをしっかりと申し付ける日かもです。

仏様をほめたたえるお経が大好きです。

posted by Herbleap at 21:53| Comment(0) | ベリテ化粧品のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月14日

これでも立派な芳香器

どのくらいのお付き合いでしょうか。


ハーブが少しずつ、身の回りに現れてきて、                                        芳香器三つ.jpg                                       
アロマテラピーという言葉で、
一気に、香りの世界
が広がりました。


そのころに作られた、香りを楽しむ
いろいろな物は、実用的なものと、
ワクワクする、機能的なものが
あって私たちを楽しませてくれたものです。
私はその時の物の方が好きです。



今はまったく姿を消していますけれど、
写真の芳香器は古い古い、働き者の芳香器

ちょっと、変色のものもありますね。


通りがかった、人の体温を感知して、5,6秒、
中に入っている香りを吹き出します。
                                                                

玄関や、通りすがりの飾り棚に置かれていて
いますが、潜水艦の望遠鏡の様にに見えませんか。

                                                                  芳香器 一つ.jpg
同じところを行ったり来たりすると、
ついたり消えたり、忙しそうに、
香りを吹きだして、働いているよと
知らせています。

こんなに小さくて、頼りない感じですが、
意外に遠くから
感知してくれるので、ちょっと感心します。

コットンに香りをしみこませて、下の足の部分に
入れますが、それもタブタブにしみこませて

バンバン香れ〜〜。


体温を感知するセンサーが付いていて、ファンが回るというシンプルさ。
だからダメになりにくいのでしょうね。
ややこしくないのは確かです。
長く頑張ってくれていて、うれしいの一言


これからもよろしく。

頑張ってさらに長持ちしてください。  です。

posted by Herbleap at 18:41| Comment(0) | ベリテ化粧品のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月28日

雪見旅行

日本で1.2の豪雪地帯といわれる志津温泉に雪を見にでかけました.

なんとなく雪が見たい、ほっこりと雪にうずもれた温泉につかった時間に                    雪景色.jpg
憧れて出かけました。


ネットで探して、最初に出てきた場所に、簡単に決めたのですが、
これが大当たり
何が気に入ったかというと、
食事と、簡単なサービス、サービス過剰に疲れる宿が
多い中、自分で鞄を持ちお部屋に、それがなんとも心地よく、
その場から、解放感でした.


食事は地元の食材たっぷりで、ヤマメの骨酒、
そして、干し柿の白和えは抜群

山のようなごちそうで、残すことに罪の意識を感じる
お料理に閉口していましたから
素朴で、心がこもって、とにかくご機嫌のお膳でした。                                 骨酒.jpg


露天風呂に入って上を見上げたら、雪が屋根からあふれていて、
いつ落ちてくるのか
急に不安に、すごすごと退散.



以前、出羽三山へのお参りを経験したことから、
月山のふもと、というのもお気に入り
6月から、湯殿山への朝参りもはじまるらしいです.


参加したいなぁ〜                                                  白和え.jpg


帰りは月山に手を合わせ、湯殿山、羽黒山にむかっても
手をあわせてもどりました.


宿のおじさんいわく、  雪がそんなに見たいものかなぁ〜〜 
カラカラの東京にいるもので。と 

.


posted by Herbleap at 10:00| Comment(0) | ベリテ化粧品のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする