2020年05月14日

ハーブティーの凄さに、気が付こう!

昨日、ブールマンティーのオーダーをかけながら
すっかりハーブティのことで花が咲きました。


ドイツの病院での
お話です。                              ブールマン茶葉.jpg

今回のコロナウィルスによって、
入院されている方へ
病院からの提供のお茶は番茶でも
日本茶でも、なくてハーブティーが
提供されるそうです。

ハーブティーというと嗜好品のように、
日本では思われがちですが
ハーブティを生活に取り入れている
ドイツ人はしっかりと毎日、薬草の
お茶を飲むことが健康管理なのでしょう。


その昔  ??

いえ、以前、ドイツに行ったときに


ハーブティの立ち位置が、ファーマシーで
薬と並んで、薬にするか、薬草で管理するか
好きなほうを選べ、状態にあることに
実は驚かされました。



日本人は、薬が大好き、世界の余った薬まで
送ると飲んでくれるというのはあまりにも有名なお話
わたくしは悲しい話だと思いますが。


食間のお茶はハーブティー

コーヒー、そしてコーラまで選べるそうです。楽しい。


と、 伺ったお話です。


聞いたお話でまとめています。

                                               ブールマンのお茶、抽出.jpg
ハーブティーは利尿効果があるので、
お小水と一緒に、
体の外に出すべきものを、
出してくれて、
解毒する力を持ちます

デトックスです。
デトックスすべきものを
体の中にためている必要はないですね。


普段から飲んでいる習慣が本当は大事。


もちろん副作用などとは無縁。

結論は、ドイツ人にとってはとても有効な
結果を見ていると教えてくれました。
せき込んでいた方も楽になる様子が見られ
ハーブティーの会社の方のお話は、
自慢と喜びで、長かったです。



ハーブティーも、脈々とした植物の力をみなぎらせて

歴史の中で、生きてきているわけです。

歴史を学ぶ、これが大事ですね。


わたくしも、免疫力アップのお茶を毎日いただいています。

東洋のハーブティー、漢方植物のハーブティーです。
posted by Herbleap at 14:34| Comment(0) | ベリテ化粧品のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]