2017年02月23日

伽羅 石参

友人から薄い封筒が届きました。                                     袋.JPG
何か入っているような気配もなく、                                         
見えたのは一筆箋にかかれたメッセージ。                                                         

ところがとんでもないものが入っていて、
私の気持ちは一気にハイテンション

何と、伽羅です。

沈香の上を行く伽羅が届きました。
石参の意味が分からず、急いで電話をすると、
壱と、弐と参があって、参が一番上等な伽羅に

なるそうです。
要するに一番上等な伽羅が届きました。


お隣の国の人が、現金をボストンバックに入れて
買いに来るそうです。
不老不死の香木と言われていて、
其れこそお金持ちにいってしまうのですね。

それか、今後値上がりするのを見込んでいるのか
どちらにせよ。大変なお値段になるのでしょう。

やはり、御商売ですから、うらないよ!                                   伽羅.JPG
とはいえず、悲しいそうです。

少し買おうかと思って、お値段を聞いたら、
後ずさりをしてしまうほど、思い切って
2gか、3gと小さな声で言いましたら、
どうやってカットすればいいのかわからないよ。 
やんわりとお断り。
よくよく考えれば、カットするためにゴリゴリ
やるだけで出る伽羅の木屑だけで2〜3gになりそうです。
買わないで、カットされるたびに
手のひらで受けていれば2〜3gにすぐなりそうですね。
鳩居堂や、松栄堂でも、0、〇〇で販売するほど、
お値段はうなぎのぼり、香木の姿は
どこへ行ったのか。
ひえた体の人には最高の薬効となりうる沈香です。
お金持ちの残された欲望は不老不死かしら。
少しの間、夢を見るような時間は確保されました。
私も頂いた伽羅を後生大事にちびちび楽しむことにします。

posted by Herbleap at 20:27| Comment(0) | TrackBack(0) | アロマライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック