2013年01月17日

三重から届いた牡蠣

三重県鳥羽の的矢に住む友人から牡蠣が

届きました。
牡蠣の養殖いかだ.jpg

おいしそうな牡蠣がたっぷり
届いて、                 


牡蠣鍋に、カキフライに、
佃煮にと
堪能しました。

カキ養殖での仕事の大変
さを、彼女と知り合って
はじめて知りました。

寒い冬になってからの本格的な仕事です。


9月ごろから、3月くらいまでは
メールや
携帯でのやり取り、
それも昼間、彼女が
カキの
いかだの上に揺られている
時が
連絡が取れる穴場になっています。

生ガキ.jpg
それ以外は、早寝、早起きの生活に
ついていけません。
 

もう、何十年も同じ仕事をしているの
に、
牡蠣のいかだに乗るときは、
酔い止めの薬を
飲むそうです。

一日、海の上で揺られているのを、
想像しただけで酔ってきそう。 

 冷たい海の風に一日中吹かれての
仕事です。牡蠣の佃煮.JPG

女性にはきつい仕事です。                              

 

カキの佃煮は美味しく
でき上がりました。                     
 

東北の地震で三重の海にも津波が
押し寄せ
今年になっても,
牡蠣の量が不足していて
賄いきれないそうです。

 

私に牡蠣を送ってくれたやさしい
友人の気持ちに何で答えましょうか。

 春になったら、たっぷりのおしゃべりが
うれしいかもしれませんね。



おいしそうなぷりぷりの牡蠣によく似た人です。
posted by Herbleap at 14:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ベリテ化粧品のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック