2010年11月04日

カシャーン ダマスクローズ

また、新しいバラの紹介をいただきました。 

サンプル-003.jpg

届いたサンプル管にたっぷりとはいっているものと…
 

うれしくなってたっぷり手にとってしまったら、
なんと底のほうにちょっぴり!!!

悲しかったですけれど、あくまでもサンプルでした。


さっぱりとしたバラの香りの中に、オレンジのシトラスを感じる初めての香りです。

イランのダマスクローズでカシャーン地方の谷に咲くバラ。
温度の差の激しいところで栽培されたバラです。

ローズ.jpg ローズ2.jpg

ちょっとサンプル管を開けただけでも、
バラがまといついたかのように素晴らしい香りです。

それに青臭さもあって、イランでも最良の薔薇の品質だそうです。


写真のシリンダーに入っている緑の液体が、バラのオイルで、
黄色より緑のオイルのほうが振動数が高いために、

“この色から言ってエネルギーが高いとわかる”とのこと。

ローズ緑.jpg


バラの木は刈り込んで、木そのもののエネルギーを高めることで
緑の精油が取れるのですが、
だんだん木が弱ってくると、緑の精油から黄色の精油に色が変化してくるようです。

普段私たちが使っている薔薇は、確かにやや黄色が、黄色みの濃い色です。


エネルギーが低いのでしょうか…

確かにこの薔薇の香りは残り香が強いです。 

ほしいですね。

【トレミー】人気ブログランキング
【トレミー】人気ブログランキング
ランキングに参加中です!クリックお願いします☆

posted by Herbleap at 15:42| Comment(0) | TrackBack(0) | アロマライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック