2009年01月29日

かわいそうな親指さん

手2.jpg
3週間前から右手の親指の付け根の近くが痛くなってきて、
どうしたのかと思っているうちに、触らないと痛くないのですが、
何かが触れると飛び上るほど痛くてとうとう、お箸が持てなくなりました。


ランキングに参加中です! クリックお願いします!

人気ブログランキング

ボールペン、などはまだ我慢ができるのですが、我慢が出来ないのがお箸です。
どこが痛くても不便ですけれど、今回、お箸で食べるメカニズム??というのでしょうか。
どこに力が入って、どこで支えて、というのを研究してしまいました。

箸.jpg
この痛い場所は食べ物をはさむときに、
お箸を広げて、その広がりを維持して
抑え込むために、上からぐーーーと
力を入れるところです。


右の親指一本で、2本のお箸を抑え込む・・・痛めて初めて分かりました。

それが痛くて、大好物のお寿司なんて、とても痛くて持ち上げられたものではなく、
悲しい思いをしています。

結局、私たちの生活は、手のひらをパッと広げることより、
手のひらを内側に縮ませる作業がとても多いのがよくわかりました。

荷物を持つ、PCを打つ、マウスを持つ何かを考えているときは、手のひらをパーにしていたら
物事まとまりつかないですし、いつも、いつも、グー。チョキ、パーの グーの形になっていました。

そのために、ここだけの問題ではなく、この場所につながっている筋や筋肉の硬直を
招いてしまうようです。
結局、今は、しっかりとオイルマッサージをすることで何とか、ごはんは軽い痛みで、
口まで運べるようになりました。
それから、手のひらを開いたストレッチ、肘まで、肩まで、首まで、つながっているところは
どこまでもマッサージをして痛めたお詫びをしている毎日です。
ひたすら、早く、お寿司が食べられますように・・・です。
posted by Herbleap at 10:19| Comment(2) | アロマライフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
金井様、親指の付け根の痛みはさぞかしご不便な事でしょう。本当にどこが悪くても生活に不便をきたしますね。幸いにもオイルマッサージで痛みが軽減しているようで、安心しています。私も昨年左足首の剥離骨折を起こし歩くのに不便をきたしました。どうぞ、大事にしてしてくださいね。
Posted by まゆみ at 2009年01月29日 14:11
まゆみ様 ご心配を有難うございました。

親指も随分良くなって、軽い物でしたらもてるようになりました。持てる喜びに浸っています。スプーンを使って食事をしていましたら、家族から、ちょっと、それは、早過ぎないか?と笑われて、人の痛みも分からずにと、憮然!でした。
本当にいつも何気なく、食事をしていて,もてる有りがたみを感じないでいましたけれど、どこが痛くても不便なことです。
ここのところ、ちょっと書くことが多くなって、それも原因なのでしょう。ご心配のメールを頂いていましたのに、お返事が遅くなって、本当にごめんなさい。
まゆみさんの足の具合はいかがですか。足の故障もさぞかしご不便なさったことと思います。
もう、すっかり大丈夫ですか。

お互いに、大事にしましょうね。
本当に有難うございました。
Posted by ハーブリープ at 2009年02月13日 10:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]