2021年02月05日

節分のお料理とは、

                          
アワビと大豆.jpg

大寒、土用、節分、立春と、なじみのある言葉が続いてだんだん、春になります。
節分のお料理があるというので、是非、味わってみたくて、今年の節分を楽しみにいました。

まずはお詫びです。節分は2月2日、とっくに終わっています。すみません。
タイムリーでないことにまずはお詫びです。


すべてがとても地味でした。
色があまりなくて、感動の声を上げるのはなく、                             
器.jpg
冬の色ずくめ、
春はまだ来ないなぁ〜というお料理でした。

それぞれに意味が。節分らしく、大豆はもちろん,
干しなまこの体の突起が、
鬼の角に見立てられているそうです。

柊木の葉に雪をイメージです。

最初に出たお料理が、大船煮(だいせんに)                       ほしなまこ.jpg
アワビの味と香りを大豆が吸って、その為
アワビはスカスカな味と説明された
通りにあまり味はありませんでしたけれど、
大豆はふっくらと磯の香りです。

古くからの漁師さんたちのお料理で、
節分になるとこれが作られたそうです。


節分にもお料理のコースがあるのがうれしかったです。
もちろん、節分の王様、イワシもありました。

鬼はそと、福はうち、 恵方巻だけでなく、

言い伝えられてきたこれも日本の文化のお料理
味わえてよかったです。

お店もコロナで冬景色。こちらも、寒々しかった。

posted by Herbleap at 13:08| Comment(0) | ベリテ化粧品のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする