2021年01月22日

乳液、クリームから離れるのも乾燥肌にさようならです。

                           
マスク.jpg
                    
マスクの弊害も合わさって、冬の乾燥もピーク

今年はお肌の肌荒れに泣く方は結構多いようですね。

ただ、乾燥が悪いとか、マスクで覆っていることで肌荒れとか、
もちろんこの弊害も大きいです。乾燥肌のトラブルの一つに普段から
使っているものの見直しのおすすめです。

なぜなら、マスクをしても、乾燥の季節でも、乾燥肌にならないからです。
私はレベル10ぐらいの乾燥肌でずいぶん泣きました。
使っているものが悪かった、これにつきます。

多くの方が、クリームや、乳液から離れることができません。

これって、ただの習慣です。スキンケアにはお化粧水、
そしてクリーム、乳液という流れで行くので、
ずっと、乾燥肌と肌荒れと仲良しで手が切れません。


クリームや乳液は水と油からできています。
水と油は混ざりませんから界面活性剤の使用が不可欠です。
界面活性剤(化学剤)を使用していて混ぜ合わせた物を安定させるためにも
更に薬剤が必要です。


残念ながらクリーム、乳液の長年とたっぷりの使用により本来皮膚が
持っている機能が完全に低下、必要な皮脂を作り出せなくなってしまい
クリームを付けないとがさついてしまう、また、
たっぷりとクリーム、乳液を付けてしのぐといういわゆる

”クリーム依存症”   ですね。

これを繰り返していることで、肌の力を弱めていきます。
                                            A5D9A1BCA5B7A5C3A5AF8EB58EB28ED92-thumbnail2.jpg
それに、東洋医学でいう、
大腸経と胃経という熱を持つ
経絡が口の周りを通っていますから、                         
乾燥も倍増です。

マスクをすると熱がこもるわけです。
乾燥に拍車もかかる結果は見えてますね。

植物性の美容オイルを選び、
そして使用することで皮膚は
本来の働きを正常に行うようになります。
そうなんです。植物には植物の持つ、
自然のビタミン類がいっぱい、
ちゃんとした自然のオイルなら
植物の栄養でお肌は生き返ってきます。


ベーシックオイルで、5分間、念入りにマッサージしてください。
本当の証明がすぐ実感できます。

posted by Herbleap at 21:50| Comment(0) | ベリテ化粧品のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする