2020年08月27日

化粧品作をるための動物実験の現実を知っていましたか。


                            
ゆきと薔薇と伊勢 067.JPG
ご質問をいただきました。                

ベリテ化粧品は、商品を作るために、どこかの段階で動物実験をしていますか。

ベリテ化粧品は一切の動物実験をしていませんし、その必要もありません。
それを必要とする成分やきわどいこととは全く縁がなく、皮膚が喜ぶ、
体が喜ぶ為の安全なお化粧品のお届けだけに注意を払ってきました。

でも、ほかの大手の化粧品会社の現実を知らされました。




                  ***


ストレステストのために脚を何度もハンマーで殴られた犬や、皮膚をバーナーで焼かれた犬、
目に化学物質を入れられたウサギなどの写真を見ました。人間の残酷さに驚き、
絶対に間違っていると感じました。

化粧品は今でも中国に輸出する際に、動物実験が必要なそうなので

なかなか難しいのかもしれません。私は殆どの化粧品が使えません。
やっと巡り合えた貴社の考えを聞くことができて、本当に安心することができました。

たまたま読んだ本に動物実験のことが書かれていて、ネットで調べました。
少し知ってはいましたが、写真を見て衝撃を受けました。
今でも頭から離れません。

それでも反対運動をしている人たちのおかげで、
大手化粧品メーカーが動物実験をやめたり、食品メーカーがこれからやめると
発表したりしているようです。

怖がるような感情を持った動物だけでも廃止するということはできないのか、
NPOに質問しましたが、動物の種類ではなく分野によるそうです。
農薬などは動物実験をしないと認定されないという法律があるということで、
犬に飲ませたりしているそうです。製薬会社や大学も盛んなようです。

                ***


人間はとんでもない残酷なことができるのですね。
犬嫌いの集まりでしょうか。
今、ワンコ、にゃんこブームで、幸せそうな部分だけ切り取って
かわいい子たちが登場しています。たまらないほどの可愛さです。


でも、その陰で、ハンマーで実験のために殴られたり、
皮膚を焼かれたりしている子達がいること、
何かを叫びたくなる衝動にかられました。

ご質問をくださった方の感情と神経こそが正常だと感じます。

動物実験の反対運動をしてくださっている方々に、心から感謝しますし
微々たる力でも不幸な動物が少なくなることを願っていきたいです。
posted by Herbleap at 18:45| Comment(0) | ベリテ化粧品のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月20日

アロマカートリッジ

             
フィルター.jpg

アロマストリームのカートリッジです。




ポワポワしている姿の丸いカートリッジ

今、このご時世、カートリッジを装着するアロマ拡散器です。
ところが私はこれがめっぽう好きで、ずーーっと、これ一筋。

このカートリッジのポワポワの部分に好きな精油を落とします。

一つの香りに一つのカートリッジのような気がしますけれど
これをアロマストリームの本体につけてスイッチをいれると
勢いよく、香りを拡散してくれて、アロマを使い切ってくれるので
一つのカートリッジでいろいろなアロマを使えるのは便利

外出するときは弱にしてつけっぱなし
コンセントに差し込む虫よけはいらない、使わない、使いたくない
蚊や虫が合成の虫よけで落ちるのはありですけれど、人間だってこれを
吸うと思うと、とても使えない、虫退治の薬品の吸うのです。

それに合成の匂いが付いているので臭くて。

それを吸い続けるなんて、私は、蚊ではないのですから、
ごめんです。

赤ちゃんにも平気で、合成虫よけ、
むし〇〇ー〇を蚊に刺されないようにと
おいてあげるのは、少し違うと思いませんか。               aroma.jpg                        
ローズマリーの香りは20分でダニを退散させる
といわれてきました。
そのくらい、アロマには力があるので、
香りと一緒にその力を楽しむために、
アロマを使わない手はないのです。

プラス、香りは虫よけ、虫退治だけではなく、
わたくしたちの自然のハーブ香水にも
なって、いつも良い香りがすると、
わたくしの心をうれしく、くすぐってくれるわけです。

赤ちゃんにはどうぞ、自然で、安全で、嗅覚のしっかりした子に育てる。
合成の匂いは、嗅覚をだめにします。脳神経の1番にあるのは、嗅神経ですよ。
posted by Herbleap at 20:08| Comment(0) | ベリテ化粧品のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月14日

手を抜かないで!!

                          
ひまわり.jpg




一番暑い夏のお盆休みをいかがお過ごしですか。
ヒマワリを見て元気になりましたけれど、
夕方からの雷雨のすごさで朝のひまわり
しょんぼりしていました。(写真は元気な時のひまわりです。)

ハーブリープではお肌の皮膚温が上がっている時こそ、
お手入れのチャンスです。 と
お伝えしていますけれど、女性にとってお肌のありようは当然、大問題。
先日、美の追求をやまない友人が一言、
“マスクはしているし、メイクどころではないのよ”
確かにマスクとメイクの 相性ははなかなか、厳しいです。確かに。

お肌のお手入れはメイクとも、マスクとも関係ない位置に置きましょう。
なぜなら、いつもお伝えするように、体の状態はお顔の皮膚にでてきます。
コロナにおびえたり、気鬱になったり、落ち込んだり、気力がなくなったり、
はすべて内蔵が管理、です。
特に、おびえている恐怖心は肌を作っている腎が影響します。
一晩にして白髪になるというお話がありますね。ストレスです。
ここまでひどいストレスではなくても、恐怖心は少しずつ 腎をいためます。

腎は生きる力そのものですから、ここに負担が来ると、
落ち込む、もちろん気力の低下、免疫力の低下へとつながっていきます。
私は平気!!と豪語するので、そうかなぁ〜とその人のお肌を見ると、
いつもの彼女の肌ではない、元気ない、かさついている。

平気ではなく やはり、恐怖心を持っていると、感じるわけです。
マスクをすることで半分顔が消える安心感は要注意。
恐怖心はなかなか、右から左へと、とれるものではありません。
だから、お手入れをしましょう。肌から内臓に元気を与えるのです、
ベリテが得意としているところ 外から中へ、ちゃんとできます。

体の応援は、肌のお手入れで、できることです。
悪くするのは簡単に、回復させることは、とっても時間がかかります。
posted by Herbleap at 11:13| Comment(0) | ベリテ化粧品のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月06日

小麦粉に要注意

米コパン.jpg



アメリカのモンサントの種子会社による危険な小麦の問題が少しずつ取り上げられていますが

私のお腹は、アメリカ、カナダでの小麦のパンなどを食べると、ちょっと、キリリと
してしまうので、なるべく北海道や、地粉を使うようにしてグルテンの
摂取量を少なくしていて小麦粉をとらないように
気を付けています。

腸の問題も結構増えていますので、皆様も要注意を。

でも、本当はパンが好きな私は、うなだれた生活をしています。
さみしい、とにかくさみしい、パンに紅茶、パンにコーヒーなんて、楽しい時間ではない

ですか。

トボトボ、トボトボ
としていたところに、米粉を使った本格的な
パン屋さんができました。!!!!!                        

やったぁ〜〜 です。                                          サンチノ.jpg                             
ちょうど、北海道の粉で作った
パンを求めての
帰りだったので、
申し訳ないのですが
試食はしていないのです、
お役に立ちませんね。
見た感じは素敵です。

本当に普通の素敵なパン屋さんです。

グルテンに悩んでいらっしゃる方は、
一度覗いてみてください。

うれしいです。
posted by Herbleap at 17:19| Comment(0) | ベリテ化粧品のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする