2017年10月08日

口腔ケアの王様 マスチック水

マスチック水、聞きなれない名前の水精油ですね。
                                                                                                                        歯ブラシと洗面所.jpg
ところがこの水精油の力は、
とてもすごいのです。
美容や、歯茎のトラブルなどの
殺菌剤として使われた
古い歴史の持ち主です。

ギリシャのヒオス島で栽培されていますが、この地方では、
この木の爪楊枝が
歯の衛生に役立てたり、美容では肌の引き締めに使われたりと
、聞きなれないながらも

ちょっとマニアックな水精油です。

先日から、歯肉のトラブル、ごしごしと磨きすぎに後遺症で炎症を起こした
歯肉のお手入れに使っているのですが、  これがなかなか。


あまり、ぱっとせず人気がないのは、この水精油の味なのでしょうね。
口に含んだとたんに、だまされているのか、最初から間違って水が入っているのかという
はっきりしない味。そこで、1滴だけペパーミントを落としたら
、うーん、これでマウスウォッシュとして、生まれ変わりというしっかりとしなさいという味です。

マスチック水、いつお前は水になったのか。
という猜疑心は消えました。


市販のマウスウォッシュは、正直避けています。                     マスチック.JPG

絶対に使いません。

やはり口腔は粘膜ですから、

ちょっとね。使えません。


そんな時には、水に何かちょっと味があるかなという、
とぼけたマスチック水、
そのとぼけの中に秘められて凄い力、
お口の中の殺菌と衛生に抜群の仕事をします。

もう一寸、刺激がという方は、
もう1滴ペパーミントを滴下することはOKですよ。
良く振ってお使いくださいね。
小さなスプレー容器に入れて、食事後にシュッシュ!
何だか、歯の様子がおかしいと感じた時は是非、絶対お試しの価値はお約束できます。

posted by Herbleap at 17:28| Comment(0) | ベリテ化粧品のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする