2017年01月12日

パラペンフリー

化粧品に使われる防腐剤のパラペンは嫌われ者のようです。

でも、パラペンが体の中に入るから、害があるので、                                       m0004-01.jpg                                                              
体内に入れさえしなければ、
なんの問題もないのですが、

頭ごなしに嫌う方はいらっしゃるので、
ベリテの化粧品にとっては
とてもそれがネックになっていました。

もちろん、ベリテで使われるパラペンは
決して体内に入らないように、そこは、
頑固に、自然派の名前が泣かないように                                 ソフトローション.jpg
、私達の肌や健康が損なわれないように、
ち密な計算によって、使われてきています。

肌の弱酸性で、パラペンが無毒化されるのです。
肌の上にのったら、あら不思議! 無毒化です。

其れに界面活性剤を使用していませんので
肌や体の中に入るわけもなく、そうなれば一番
安全性が高いということで、
致し方なく、微量に、微量に使って、
ほかのハーブの抗酸化も利用しているのです。                   androidapp/33961208161653201905964438.png

ですから、
頭ごなしにパラペンは悪者だということはなく、
パラペンの微量使用は
他の防腐剤、保存料よりずっと、
安全に設計されています。
商品の防腐を考えて保管上
使わざるを得ないのですが、

それでも更なる進化を求めて、

ローションのパラペンフリーが実現しようとしています。



posted by Herbleap at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ベリテ化粧品のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする