2017年01月19日

インフルエンザ対策 清解香

いよいよ、インフルエンザが広がってきているようです。

今年は、香港Aというウィルスだと聞きました。
先日、ワクチンを打った家族が全滅したそうです。
せっかく、ワクチンを打ったのですから、                            アロマストリーム.jpg
効いてあげるといいのに、と内心思う私です。

ハーブリープでは皆様に、清解香のお薦めです。
この漢方オイルはなかなかのお薦めで、
かなり、いい感じなんですよ。

お部屋にたいたり、
ダウンしている人のマスクに落としたり、
足の裏に清解香入りのオイルをぬったり、
お部屋にたくというのは、
部屋のなかに清解香をゆらゆらさせます。
空気の消毒のような感じです。




続きを読む
posted by Herbleap at 18:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ベリテ化粧品のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

パラペンフリー

化粧品に使われる防腐剤のパラペンは嫌われ者のようです。

でも、パラペンが体の中に入るから、害があるので、                                       m0004-01.jpg                                                              
体内に入れさえしなければ、
なんの問題もないのですが、

頭ごなしに嫌う方はいらっしゃるので、
ベリテの化粧品にとっては
とてもそれがネックになっていました。

もちろん、ベリテで使われるパラペンは
決して体内に入らないように、そこは、
頑固に、自然派の名前が泣かないように                                 ソフトローション.jpg
、私達の肌や健康が損なわれないように、
ち密な計算によって、使われてきています。

肌の弱酸性で、パラペンが無毒化されるのです。
肌の上にのったら、あら不思議! 無毒化です。

其れに界面活性剤を使用していませんので
肌や体の中に入るわけもなく、そうなれば一番
安全性が高いということで、
致し方なく、微量に、微量に使って、
ほかのハーブの抗酸化も利用しているのです。                   androidapp/33961208161653201905964438.png

ですから、
頭ごなしにパラペンは悪者だということはなく、
パラペンの微量使用は
他の防腐剤、保存料よりずっと、
安全に設計されています。
商品の防腐を考えて保管上
使わざるを得ないのですが、

それでも更なる進化を求めて、

ローションのパラペンフリーが実現しようとしています。



posted by Herbleap at 19:15| Comment(0) | TrackBack(0) | ベリテ化粧品のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月05日

仕事始めに当たって、2017

明けましておめでとうございます。

今日から仕事始めのところがほとんどですね。                           出雲.JPG
ゆっくりできたお休みかというと、
やはり、主婦業優先となりますので
皆様と同様に、家の中を小走りでした。

新年会に出かけたり、家の中を
片づけたり、整えたり、
本当に、忙しいです。

昨年の、T月に情報医療の話が耳に飛び込んできました。
これが、最近の自然医療にとっての
一番の先端ということで、アンテナがビビビッときて興味を持ったものの、
                                                         竹生嶋.JPG
量子力学、物理学の世界の事、                            
もっと、物理学を真剣に勉強しておけばよかったと、
悔やまれるばかりです。
研修に出かけても、3時間もこの話を聞いていると
理解を通り越して、頭痛がおきてきて
理解できたかな、と思うと、人に内容を説明できなくて
何の3時間かと、肩をすくめる始末。
量子力学の世界なんて、むりむり。

続きを読む
posted by Herbleap at 18:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ベリテ化粧品のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

今年も終わり間近

ハーブリープは12月26日で今年の仕事を終わります。
接客業の人が、どんどん柔軟剤を使い始めたこと、                   銀座.JPG
これが一番、腹が立つ一年でした。
頻繁に、化学香料の事を今年は訴えてしまいましたけれど                             
近寄られると、汚染されそうで、後ずさり。
宅急便の事務所も、銀行も、デパートも、
とにかく、後ずさりしまくりの一年。

アレルギーですか?と、
アレルギーにされてるのですが、

正しいアロマに囲まれて、正しい香りを
かぎ続けている私にとっては、
アレルギーどころではなく、
あなたたち、感じ無いの?と、このひどい匂いが。
それがどんどんひどく、なってきている一年でした。
どこに入るのも大きく息を吸って〜〜〜〜。
飛び込んで用事を足す、
私だけの問題ではなく、
そんな空気を吸っていいのかなぁ〜?
化学剤をまき散らして、空気を汚して
自分を汚してる。 
私たちの鼻が、やられてきている。
でも、渋い顔をすると、だれもが、あなたは神経質。

続きを読む
posted by Herbleap at 10:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ベリテ化粧品のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月16日

カレンシアの攻略法

ハーブリープからお送りする、ベリテのカレンシアが固くて、
千年クリームというあだ名まで頂戴しています。                                カレンシア.jpg                      
確かに固いのです。掌の体温で溶ける
天然のバターです。
手のひらの上で、体温の力を借りて溶けろ溶けろと
おまじない状態になります。

どうでしょう。
この際、一気に、全体をかき回してみませんか。
ミキサーのごとく全体を、
がぁ〜〜とかき回すと、多少空気が入ることで
ふんわりしてきます。

空気が入ると酸化するのではと
ご心配されますが、
植物の抗酸化力は凄いですよ、

植物の抗酸化力を借りて、
そう、私達の身体の酸化を緩いものにしてもらうのです。
アンチエイジングです。

どうぞ、お好きなだけ思いきりお使いください。                              ローズ.jpg

カレンシアの中に薔薇を一滴、
入れることに今年の最後に挑戦してみませんか。
ブルガリアローズはお値段が高くなってしまって
手が出にくい精油の一つです。

その問題解消のため、漢方精油の一つ、
野ばらをハーブリープではお勧めしています。
働きはブルガリアローズと同等に考えられます。
ローズの精油の持つ周波数はハーブの中でも
断トツの素晴らしさ。
お肌の調子が悪い方、
体調の悪い方は力のあるローズを使う環境を
ご自分に今年のご褒美として如何でしょうか。
女性にとってはなくてはならない精油のひとつです。

お手頃の野ばらをご用意させていただいています。

posted by Herbleap at 08:54| Comment(0) | TrackBack(0) | ベリテ化粧品のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする